Ask518のブログ

田舎大工の現場での思い付きや日常

落胆?…いや…世の中こんなもんかー(笑)

本日は休み。

 7時過ぎに起床。

洗濯、掃除を済ませ車屋に。

オイル交換をして10時半に出発。

 

例の件で…

一応現調行って来ました…

 

外部…

まぁまぁの進捗。

あと2〜3日ってとこ。

掛かっても4日。

 

 

内部…

 

 

玄関入って一目見た瞬間わかる荒れ方…

納まりのわからない応援さんがたった1人で戦ってるんだもんな…

 

 

…こりゃ無理だわ…

 

 

その足で元請けに寄っての第一声…

自分(以下自)「工期1ヶ月伸ばしたほうが良くね?」

「そもそも1人応援に入った所でどうにもならないよ?」と

 

元請けNO.2(以下2)「そんなことないでしょ?二階は出来てるし。」

 

自「二階全然でしょ…。(内心どこ見てんだよ⁉︎アホかー⁉︎と思ってます…)ボードは9割終わってるけど化粧造作の進捗は1/3、造作家具は手付かずだけど?(出来る人が入っても1週間〜はゆうに掛かりそう…)」

 

2「…」

 

自「一階は壁ボート3割、天井は全面下地すら手付かず、出入り枠も付いてない。階段の加工すら終わってない。化粧、家具以前の問題でしょ?」

 

2「で、いつから来れる?」

 

 

これでは話になりません…

 

危機感の無さ、なんとかなるべーなどというぬるま湯に浸かってると…

とんでもないことになるって事がわからんのだろうなぁ…

 

 

一応ですが、引渡し後に大トラブルに発展しそうな所を数箇所ダメ出し、請けた人間について(色んな意味で)考えるようアドバイス。

聞こえてないと思うけど。

 

その後、すれ違いで入って来た社長を捕まえ同じ話をもう一度。

 

正直、今までやって来たことが全て意味の無かったレベルの話ですが…

 

残念です…

 

 

m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする